アジアドラマチックTV★So-net

スカパー!ch.749の番組表

番組名 韓ドラ!大好き
 
韓流ドラマ×俳優(監督、作家)×インタビューショー

日本で注目の韓国ドラマに出演した俳優や監督、脚本家を直撃インタビュー。ドラマの裏話やエピソード、プライベート、そしてドラマのダイジェストが含めてドラマと俳優の魅力が盛りだくさん。

全54話  (自社制作番組 2008-2011年)  日本語字幕版

 
放送日時
(レギュラー放送)

2012年03月04日 (日)
2012年03月04日 (日)
2012年03月13日 (火)
2012年03月13日 (火)
2012年03月13日 (火)
2012年03月13日 (火)
2012年03月18日 (日)
2012年03月18日 (日)
2012年03月27日 (火)
2012年03月27日 (火)
2012年03月27日 (火)
2012年03月27日 (火)
10:30
11:00
05:00
05:30
18:00
18:30
10:30
11:00
05:00
05:30
18:00
18:30
#47
#48
#47
#48
#47
#48
#48
#49
#48
#49
#48
#49


番組内容
#1 チョン・チャン 放送時間:28分
【出演】 チョン・チャン ・・・韓国ドラマ「恋人」、カン・セヨン役
役の紹介:建設会社の理事で、カン会長の息子。肩書き、財力、人柄、マナーまで完璧なモテ男。自分の父親の愛情を受けるガンジェに嫉妬し、海外で生活をしていた。母親が薦めたお見合いをきっかけにミジュに興味を持つ。
【構成内容】
・ドラマのキャスティングからドラマ上でライバルだったのイ・ソジンとの共演の裏話
・大変な思いや撮影現場でのエピソード、気に入ったシーンなど
・プライベート(日本に対しての思い出)
・○、×ゲームトーク など
#2 キム・ギュリ 放送時間:28分
【出演】 キム・ギュリ ・・・韓国ドラマ「恋人」、パク・ユジン役
役の紹介:ベーカリー経営。経営難の父親の会社に借金の取立てに来たカンジェと出逢う。愛情表現の苦手なガンジェの恋人となり妊娠に気付くが、結婚することも別れることもできずに苦しむ。ミジュの存在に気づき悩みつつもガンジェを信じる。
【構成内容】
・演技において大変だった点、共演した3人(イ・ソジン、キム・ジョンウン、ジョン・チャン)の魅力
・久しぶりTVドラマの出演について/女性としての愛とは・・・
・副業でインターネットファッションモール運営、ファッションアドバイス など
#3 ユ・ゴン 放送時間:28分
【出演】 ユ・ゴン ・・・韓国ドラマ「不良カップル」、ソ・ジュンス役
役の紹介:ファッションモデル、ヨンの年下のボーイフレンド。90年代後半に人気を博したOPPAのメンバーとしてデビューし、アイドル歌手として活躍していたユ・ゴンはその後長い空白を得て2006年に俳優としてカムバック。『多細胞少女』など話題作に次々の出演しているし、ドラマ『こんにちは、神様』では障害があるキャラクターを演じ、演技派として注目を浴びた。また2007年では『不良カップル』にファッションモデルとして登場、イケメン俳優さらに第2ウォン・ビンとして注目されている。
【構成内容】
・ドラマのキャスティングから俳優になるまでの経緯、他の俳優との共演の裏話
・撮影現場でのトラブル(?)、気に入ったシーンベスト3
・プライベート(日本に対しての思い出)
#4 キム・ジョンハク監督 放送時間:28分
【出演】 キム・ジョンハク(「太王四神記」監督)
現在NHKで放送中のペ・ヨンジュン主演「太陽四神記」。2007年度最も期待されて数多くの賞を受賞したことでも話題になり、2008年度日本列島を熱く盛り上げる韓流ドラマの一位として選ばれる傑作を制作した総監督キム・ジョンハクさんを直撃、企画意図からなぜヨン様を主人公としてキャスティングしたのか、またいろいろな海外ロケ地での大変な撮影現場の裏話、思い出のエピソードなどアジドラ独占インタビューが披露されちゃう。また「太王四神記」の制作会社【キム・ジョンハクプロダクション】を訪ね、現在まで制作しているドラマが一目に・・・
#5 特別編〜"うつみ宮土理"の韓流物語〜 放送時間:28分
【出演】 うつみ宮土理
2月27日フォーシーズンズホテル椿山荘 東京で行う『韓方・美と健康、そして韓国伝統文化の夕べ』で司会者を勤める、うつみ宮土理さんを追う。イベントの紹介、参加した韓国からきたゲストたちのコメントも交えながら、うつみ宮土理さんがつくられていくイベントの模様を紹介する。
また、うつみ宮土理さんにインタビューをさせて頂き、現在の活動や、韓国ドラマ、映画についての想い、留学時のエピソード、韓国語のお喋りなどを、「うつみ宮土理さんにとっての韓国」をご紹介させて頂く。

(c) 2007 Aikawa-Kikakusitu All rights reserved

【番組構成】 
・2/27『韓方・美と健康、そして韓国伝統文化の夕べ』イベント模様
・参加したゲストさんたちのコメント(キム・ソヒョン、チョン・ジュノ 、チャン・リヒャン 、POSITION、イオン)
・うつみ宮土理さんの個別インタビュー
#6 リュ・スヨン 放送時間:28分
【出演】リュ・スヨン(「不良カップル」、チェ・ギチャン役)
役の紹介:ソウル大学植物学教授。33歳。顔良し、家柄良し、性格良しの秀才。育ちがよく、まじめ性格なので古風な女性が好み。しかし積極的なダンジャの誘惑にかかってしまう。
彼が等々にドラマの主演俳優さんになった作品は「18・29」、そして最新ドラマ「不良カップル」によって韓流スターとしても日本活動を活発にしているようだ。今回「不良カップル」日本初公開においてプロモーションとして来日した彼を直撃取材。さらに一日韓国でのプライベート模様や5月に行う異色的な初日本ファンたちとのファンミーティングの模様をvideo clipとしていち早くご紹介。

構成内容
・ドラマのキャスティングから俳優になるまでの経緯、他の俳優との共演の裏話
・撮影現場でのトラブル(?)、気に入ったシーンベスト3
・プライベート(日本に対しての思い出)
・韓国での一日プライベート密着
・5月韓国での初ファンミvideo clip
#7 シン・ウチョル監督&キム・ウンスク脚本家(「恋人」) 放送時間:28分
【出演】シン・ウチョル監督&キム・ウンスク脚本家(「恋人」)
「恋人」シリーズ3部作を共に作り上げた名コンビの2人、シン・ウチョル監督とキム・ウンスク脚本家を直撃して彼らから「恋人」の見所やシリーズを通しての苦労話などを語ってもらう。柔らかなムードの中でクロストークを・・・

構成内容
・ドラマのキャスティング、俳優さんたちの演技について
・恋人シリーズを通して伝えたいメッセージ
・登場人物の設定(職業など)の発想は?
・自ら作品に対しての評価
・制作環境やロケ地について
・プライベート
#8 キム・ミンジュン 放送時間:28分
【出演】キム・ミンジュン
外科専門医で患者に人気の優れた医師イ・ゴヌク役のキム・ミンジュン。
自分の息子が実子ではないという事実を知って妻と離婚し、その後アメリカで一年間暮らしていたが癌センター建立のため、病院の実力者イ博士に呼ばれて帰国した設定に対して彼の役作りは?出演きっかけから監督から要求された部分、そして自ら工夫した部分など、出演の裏話や他の俳優さんとの共演に対してのエピソード、最近の活動や、恋愛観などについて聞く。

構成内容
・出演きっかけ、役作り、医者役について
・イ・ヨウォン、オ・ユナ、イ・ボムスとの共演の裏話
・これからの活動や今年日本での活動など
#9 キム・イングォン 放送時間:28分
【出演】キム・イングォン(「外科医ポン・ダルヒ」、パク・ジェボム役)
ポン・ダルヒの同僚研修医として大変なことは避けようとする要領のいい性格だが、ポン・ダルヒに対しては何もなく一生懸命助かるキャクターを演じた俳優キム・イングォン。彼からキャスティングと役作り、撮影現場でのエピソード、一緒に共演した俳優さんの裏話などを率直語る。さらにグォン・サンウ、ソン・スンホン、チソンと出演で話題映画「宿命」の話もたっぷり。
#10 イ・ソジン 放送時間:28分
【出演】イ・ソジン(「恋人」、ハ・カンジェ役)
最近、韓国で最も最後の視聴率で話題になっている時代ドラマ「イサン」の主人公、イ・ソジンが一年半ぶりに来日、ファンミーティングを7月12日に行う。イベントのダイジェストとともに単独インタビューを通じて、「イサン」の作品と今後の活動、そしてプライベートとして本当に恋人になったキム・ジョンウンさんとの恋愛話もちょこっと紹介する。
#11 オ・ユナ 放送時間:28分
【出演】オ・ユナ(「外科医ポン・ダルヒ」、チョ・ムンギョン役)
小児科専門医者であり、イ・ゴヌクの妻の彼女は息子が夫の子供ではないことを隠していたことで離婚してしまう。イ・ゴヌク役を演じたキム・ミンジュンとは2回目の共演で話題になった彼女が語る撮影現場の秘密とは?さらに共演途中に実際妊娠をして大変な撮影スケジュールやそれに関わったエピソード、ほかの共演者との裏話などを紹介する。
#12 チョ・ジェワン 放送時間:28分
【出演】チョ・ジェワン(「魔王」、キム・ヨンチョル役)
高校時代、自分をいじめたカン・オス達を憎んむ。当時、テフンが自分をかばってなくなった事実を証言できなかったため、苦悩。几帳面で小心なキム・ヨンチョル役を演じたのは、「復活」でアン秘書としてもおなじみのチョ・ジェワン。オム・テウンとの2回目の共演について語り、特に個性強い役について役作りや工夫した点、そして現在撮影中のドラマ「美しい時代」撮影現場を紹介する。
#13 カン・ジファン 放送時間:28分
【出演】カン・ジファン
「京城スキャンダル」「がんばれ!クムスン」などで大注目の新星スター、カン・ジファンは日本公式サイトがオープンされますます人気を高めている。番組では2008年9月15日に行われるファンミーティングのほか、独占取材では、他では見ることのできないカン・ジファンの魅力をお届けする。
#14 シン・ソンウ 放送時間:28分
【出演】シン・ソンウ
韓国最新作“コミックアドベンチャースリラー「クク島の秘密」”。
完全に「新しいタイプ」のただ一つのコメディドラマ(シチュエーションコメディ)日本上陸!!
米国ドラマ"ロスト(lost)"をパロディにした作品で地方の離島に物資を届けに出発したある会社の職員10人が船の事故で人里離れた島に漂流して起きるハプニングを描いた韓国初のシーズン制コメディドラマ。

秘密を抱いている無人島での職場の仲間たちの生存記やロマンス、徐々に明らかになる陰謀や無人島脱出記を生々しく盛っているドラマ「クク島の秘密」がいよいよアジドラで日本初公開!
ドラマ本編のまえに、先取りとして「韓ドラ!大好き」で出演者とロケ地を紹介する。
「12月の熱帯夜」で最も冷静な人物として演技力が話題なったシン・ソンウさんを直撃取材、ドラマとキャスティング、エピソードなどの話を語ってもらう。さらに、撮影中のロケ地(仁川のある無人島)を訪ね、共演している俳優さんたちとセット場、ホットな撮影現場をたっぷりお届けする。
#15 特別編〜宝塚「太王四神記」花組(真飛聖、桜乃彩音、大空祐飛) 放送時間:28分
【出演】真飛聖、桜乃彩音、大空祐飛
宝塚歌劇では、宝塚歌劇95周年の第1作目として「太王四神記」を舞台化することが決定し、花組のまとぶせい真飛聖、さくらのあやね桜乃彩音が主人公として2009年1月から宝塚大劇場と東京宝塚劇場で公演される。その公演についての先取りとして、制作発表会と共演者の独占インタビューを通じて、ミュージカル「太王四神記」の見所をお届けする。舞台ならではの演出を凝らし、また宝塚歌劇ならではの華やかさやスケール、さらに主人公たちから練習のエピソードや韓国作品についての感想などを紹介する。
(c)宝塚歌劇団
#16 イ・ボムス 放送時間:28分
【出演】イ・ボムス(「外科医ポン・ダルヒ」、アン・ジュングン役)
外科専門医。小児心臓を専攻するが、肺、食道、胃、胆嚢など GS(外科)の様々な分野まで完璧に手術をやりこなす天才的外科医、アン・ジュングンを演じる実力俳優派イ・ボムス。日本では「外科医ポン・ダルヒ」「オンエアー」で圧倒的な存在感をアピールしたイ・ボムスを「韓ドラ!大好き」で大特集。貴重な独占インタビューでは俳優としての真意を語る。
#17 イ・ヒョヌ ナム・ジヒョン 放送時間:28分
【出演】イ・ヒョヌ(ハリー幼少期:ジュホ役)
    ナム・ジヒョン(マリア幼少期:ソヨン役)
『ロビイスト』の主人公たちの運命を決定づける重要な幼少期を演じた子役たちの高い演技力とその圧倒的な存在感は、韓国で放送が始まるやいなや、その名前がネットの検索ワードで1位になるほど!!大人以上の感受性や、真実味を感じさせる演技は高い評価と注目を集めました。今回の「韓ドラ!大好き」ではその子役を演じたイ・ヒョヌ(ハリー幼少期:ジュホ役)、ナム・ジヒョン(マリア幼少期:ソヨン役)のふたりの小さな名俳優たちへの直撃インタビューをお届けする。

#18 イ・ジュンギ 放送時間:28分
【出演】イ・ジュンギ (「一枝梅(イルジメ)」、ギョム&イルジメ役)
#18は、「女性よりも美しい男」と女性の心を奪ったイ・ジュンギをアジドラが徹底取材。モデルから映画「ホテル・ヴィーナス」で映画デビュー、「王の男」で新人賞に輝き、最新作の韓国ドラマ「一枝梅」では新たな境地を開き大ヒット。カリスマオーラを放つイ・ジュンギを独占取材し、その魅力に迫るファン必見の特集だ。
#19 コ・ス 放送時間:28分
【出演】コ・ス (「グリーンローズ」、「100万長者と結婚すること」)
軍隊から出て本格的に活動スタートする次世代韓流スター、コ・スを「韓ドラ」でいち早く紹介!優しい印象が強いコ・スの素顔に迫る。

【インタビュー内容】
・現在撮影中の作品について
・3月25日に日本公式サイトがオープンすることについて
・今後の日本での活動について

(c)HB ENTERTAINMENT
#20 キム・ジス 放送時間:28分
【出演】キム・ジス(「太陽の女」シン・ドヨン役)
韓国ドラマ「太陽の女」で恐ろしい女役を演じたキム・ジスに直撃インタビューを強行!久しぶりにこのドラマをきっかけとしてテレビ登場した彼女が、役作りや、苦労したところ、共演者たちに対しての印象などについて語る。ドラマの魅力や裏話など韓ドラ・ファン必見のインタビュー!

(c)KBS
#21 オム・テウン 放送時間:28分
【出演】オム・テウン(「復活」、「魔王」)
ドラマ「復活」、「魔王」などで、韓国だけでなく日本でも人気の実力派俳優、オムテウン。今年は新たな役柄にも挑戦し、さらに俳優としての魅力に磨きがかかる。この番組では、2009年3月30日に行われるイベント「オム・テウントーク&Live」の模様を公開するほか、独占取材では、初主演作となる映画「携帯電話」の出演エピソードから製作秘話など、着実に地位を築き上げてきた熱い役者魂に迫る。
(c)So-net
#22 キム・ヒョンシク監督 放送時間:28分
【出演】キム・ヒョンシク監督(「外科医ポン・ダルヒ」)
2007年『ソウル・ドラマアワード』で優秀ドラマにノミネートした大人気作!救命医療の現場を描く、本格的メディカル・ドラマ「外科医ポン・ダルヒ」で注目を浴びたキム・ヒョンシク監督が、再び大学病院を舞台に、外科医兄弟の行き違う数奇な運命を描くドラマ「カインとアベル」を演出する。 病院を舞台にしたドラマの制作秘話、出演者、キャスティングについてなど、このドラマを通して監督の真意に迫ります。
(c)So-net
#23 脚本家 カン・ウンギョン 放送時間:28分
【出演】脚本家カン・ウンギョン(「ガラスの靴」「飛天舞」)
日本でもお馴染みのドラマ「ホテリアー」や、「ガラスの靴」などを書いた韓国の人気女流作家、カン・ウンギョン。最近では、韓国で人気を呼んだ漫画を原作にした歴史アクションドラマ「飛天舞」を執筆し、運命によって引き裂かれた男女の愛を描いた。「執筆する時の秘訣は、自分の身内が面白いといってもらえる作品にする」と語るカン・ウンギョンさん。「飛天舞」「ガラスの靴」二つのドラマを通して大ヒットドラマを生み出す脚本家の魅力的な素顔に迫る。
(c)So-net
#24 第4回アジア放送作家カンファレンス
6月、ソウルに韓国、中国、日本、東南アジアを代表する放送作家が集まり開催された「第4回アジア放送作家カンファレンス2009」。毎年行われるこのカンファレンスは、お互いの文化を理解したり共有し、「アジアはひとつ」というスローガンを掲げ、今後のアジアドラマ産業の発展のため作家たちが意見交換をする場となっている。第1回カンファレンスは「テレビドラマに見られるアジア文化の同質性」というテーマの下、4年前に釜山で開かれ、第2回は、中国の上海で、また日本で開かれた第3回では、アジアドラマの共同制作方式と協力について話し合われた。今回のカンファレンスのテーマは、アジア各国のヒットドラマの「共通性」と「相違性」。各国の視聴者を感動させるドラマの共通点は何で、どのような相違点があるかをテーマにし意見を交わされ、韓国からは、「神の天秤」、日本から「篤姫」を取り上げ、紹介する。この番組では、大ヒット作を生み出す作家たちにアジドラが単独インタビュー!作家たちの貴重な公演模様となかなか聞かれないインタビューをダイジェストでお届けします。
#25 カン・ジファン
【出演】カン・ジファン(「京城スキャンダル」「がんばれ!クムスン」)
カン・ジファンさんの日本公式ファンクラブ発足一周年を記念し、再び「韓ドラ大好き!」に登場!!2009/7/3・5に神戸と東京で行われたファンイベントに潜入し、一周年を迎えたジファンさんに直撃取材!!この1年で活動の幅を広げ活躍されたジファンさんの最新のファンミと今年もっとも印象的だった初の長期滞在「東京青年」についてお聞きしました。ファンミでは、イベント前の意気込みや、今の心境など。そして東京青年では、お気に入りの場所「原宿」、日本のファッションについて、長期滞在したから知れる東京の新発見など。今回は、イベント、DVDでは見られなかったジファンさんの裏話を沢山お届けします。
(c)So-net
#26 チュ・ジンモ ソン・ダムビ他
【出演】チュ・ジンモ、キム・ボム、ソン・ダムビ(「MY DREAM(マイドリーム)」)
スポーツビジネス界をめぐるさまざな人間模様、成功と挫折、愛と成長を描く韓国最初のスポーツ・エージェントドラマ「MYDREAM」。今回は、映画霜花店(サンファジョム)で百想芸術大賞 映画部門最優秀演技賞を受賞したチュ・ジンモ、「花より団子」で人気急上昇中のキム・ボム、また今回初めてドラマに挑戦した最高のセクシーアイドル歌手、ソン・ダムビに単独インタビュー!主役の3人が、出演のきっかけや意気込み、ドラマの見どころなどを語る。そして主演3人のほか、ペク・スチャン監督らや特別出演でK-1選手魔裟斗も登場するなどで話題となったドラマ制作発表記者会見の様子や、韓国SBS撮影スタジオの撮影現場を大公開!

(c)SBS (c)2010 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
#27 ユン・シユン イ・キグァン
【出演】ユン・シユン、AJ(イ・キグァン) (韓国ドラマ「明日に向かってハイキック」)
次世代イケメン俳優に大注目!!韓国のお茶の間に笑いと涙の"ハイキック"旋風を巻き起こした大ヒットシチュエーションコメディ『思いっきりハイキック!』(06〜07年)の続編「明日に向かってハイキック」からイケメン俳優が登場!新人俳優の登竜門と言われるこのドラマでもっとも注目されている「第2のチョン・イル」ことユン・シユンとイ・キグァンの二人にアジドラが独占インタビュー!!そしてなかなか見られないドラマの撮影現場にも潜入!!
(c)So-net
#28 チェ・ヨジン
【出演】チェ・ヨジン (「MY DREAM(マイドリーム)」チャン・スジン役 )
ドラマ「外科医ポンダルヒ」でチョ・アラ役を演じたチェ・ヨジンの最新作ドラマからアジドラ独占インタビュー!ドラマ「 MY DREAM(マイドリーム)」では、チャン・スジンという美貌と話術で大衆にセックスアピールをする敏腕プロデューサー兼アナウンサーという役を演じる。モデル出身の彼女ならではの演技が光るこのドラマ。今回は、彼女に出演したきっかけや撮影中のエピソードなど気になるチェ・ヨジンの魅力をたっぷりとお届けします!
(c)So-net  
#29 クォン・ヘヒョ
【出演】クォン・ヘヒョ (「冬のソナタ」)
「冬のソナタ」のキム次長、そして数々の作品に出演している日本でもおなじみの俳優、クォン・ヘヒョが登場!!2009年12月、日本で「家庭で作れる簡単レシピ クォン・ヘヒョの韓国料理教室」を料理本を出版し、その記念としてファンイベントが開催された。アジドラは、その現場に潜入!貴重なその模様をたっぷりお届けします!「家庭で作れる簡単レシピ クォン・ヘヒョの韓国料理教室」は、共同通信社出版の「もっと知りたい!韓国TVドラマ」で約1年間にわたって連載された人気コーナー。クォン・ヘヒョならではの独特なレシピや簡単かつ美味しいレシピが満載されています。イベントでは、料理に対するこだわりや 数多くの作品に出演しているクォン・ヘヒョがみたドラマ撮影現場のエピソードなど、多分野に博識なコミカルなトーク!そして、料理のメイキングも大公開! (C)共同通信社
#30 イ・ソジン
【出演】イ・ソジン(「恋人」「イ・サン」)
2009年に行われたイ・ソジンの来日ファンミーティングの模様をお届け!NHK BS海外ドラマ「イ・サン」にて再び人気沸騰中のイ・ソジンが、1年2ヶ月ぶりに来日!!日本での経験も積み、ますますこれからの活躍が楽しみな俳優、イ・ソジン。今回そのイベントでは、なかなか聴かれない歌声も披露・・・そして、今回イベント前に収録された貴重なインタビューも本編初公開します!!どうぞお楽しみに!
(c)So-net
#31 キム・ミンジュン
【出演】キム・ミンジュン(「チェオクの剣」「外科医ポン・ダルヒ」)
年明け早々、ファンにとってとても嬉しいニュースが・・・!!キム・ミンジュンが、緊急来日し久しぶりにファンとの交流をした。来日した理由は、あの社会現象までも巻き起こした映画「友へ、チング」のドラマ版「チング〜愛と友情の絆」が日本で放送が決まったため。そんな中、久しぶりにファンの方々に会えたキム・ミンジュン。今後は、日本での活動を広げて活動するとか。「なかなか日本に会いに来れなかったのでまた今年も必ず会いに来ます!」とファンの皆さんに約束!そんなキム・ミンジュンさんのこれからの活動にますます期待して。今回は、その約束を果たしたファン交流会の模様、ドラマ版「チング〜愛と友情の絆」記者会見のほか、アジドラ単独取材したキム・ミンジュンさんの心温まるインタビューをたっぷりお届けします。
(c)So-net
#32 イム・ジュファン
【出演】イム・ジュファン(「タムナ〜Love the island」)                        アジドラで韓国ドラマ「タムナ〜Love the island」 の放送を記念してこのドラマで初主演を演じたイム・ジュファンさんが登場!若手俳優の中でもっとも注目のスター。2010年2月に映画「霜花店」の舞台挨拶で来日した彼にアジドラが緊急取材を決行!「タムナ」の撮影エピソードや共演者、初主演ながらも見事にパク・キュを演じきった彼のその思いとは・・・そして、あまり知られていない彼のプライベートまで赤裸々に語って頂きます!!
Copyright(c)2009 by Hunus Entertainment & Group Eight
「Tamra,Love The Island」cJung Hye Na / Seoul Media Group
#33 ソ・シネ チン・ジヒ
【出演】ソ・シネ(シン・シネ役)、チン・ジヒ(チョン・ヘリ役)
韓国で話題をさらったシットコムドラマ「明日に向かってハイキック」 の名子役たちが登場!昨年度は、二人そろって子役賞受賞するなど、大人顔負けの演技力。そんな息の合った二人の掛け合いシーンはドラマの見どころのひとつ!今回は、ドラマでの役どころやシットコムでならではの撮影エピソードなど、子役二人の魅力にクローズアップ!ますますこれからの成長に期待が高まる二人は、必見です。ドラマをもう一度見直したくなってしまうかも・・・
             
#34 キム・ボム
【出演】キム・ボム(「MYDREAM(マイドリーム)」)
子役としてのイメージが強かったキム・ボムが、「花より男子」「MY DREAM」をきっかけにイメージをチェンジ!「いろんな役を演じてみたい!」そんな夢を持つキム・ボムのデビュー当時の話からスターの道へ進むきっかけとなった「思いっきりハイキック!」や大ヒット作「花より男子」など出演作を通して彼の“変身”していく姿に迫る!そして、F4との交流話やドラマ秘話が大公開!                        
#35 Rainbow
【出演】Rainbow(月刊韓国エンタメイベント「SEOUL TRAIN」)
韓ドラ!大好き〜特別編として新星ガールズグループ「Rainbow」をClose Up!今までのチョアヨとは、ひと味違うドラマよりもドラマチックな新人女性7人組「Rainbow」のSTORYをお届けします!デビューして間もない彼女たちが、初来日、初ライブを果たした毎月1回開催される韓国エンタメイベント「SEOUL TRAIN」でアジドラがインタビューを決行!現在KーPOPガールズグループ旋風を巻き起こしている中、日本でも大人気のSS501,KARAを先輩に持つRainbowは、デビュー曲「Gossip Girl(ゴシップガール)」で早くも注目の的。デビューから現在に至るまでの心境を語るその姿に場の空気も一変する程、赤裸々に!!そして「アジドラとっておき」では、ここでしか聞けない!彼女たちのお茶目な姿をスクープ??しちゃいます。
(c)DSP media japan
#36 ハン・ヘジン
【出演】ハン・へジン(「朱蒙」「済洲院<チェジュンウォン>」ユ・ソンナン役)
日本でも好評を得た韓国時代劇「朱蒙」でヒロインを演じたハン・へジンが、再び韓国時代劇「済洲院<チェジュンウォン>」でヒロイン役に!身分制が崩壊した19世紀末期の朝鮮時代、西洋の医学をいち早く取り入れた病院で韓国初の西洋女医として新しい時代を切り開いた女性を演じ話題を呼んでいる。2010年6月に今作のDVD発売を記念した「DVD発売イベント」が開催され、3年ぶりの来日果たしたハン・へジン。今作への心境をファンたちの前で語った貴重なイベント模様をお届けするほか、アジドラインタビューでは、韓国初の西洋女医に挑んだきっかけから彼女の時代劇にかけた思い。また、いち女性として時代を切り開く女性をどう演じたのかなどを語る。そして、今旬な女性ハン・へジンの恋愛を診断!プライベートな彼女の素顔を特別に大公開! 
(c)SBS (c)2010 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
#37 チェリム、イ・ヒョヌ
【出演】チェリム、イ・ヒョヌ(「オ―!マイレディ」)
SUPER JUNIORのチェ・シウォン主演ドラマ「オー!マイレディ」を大特集!ひとり娘のために頑張るおばさんを演じたチェリムとミュージカル制作会社の代表を演じたイ・ヒョヌにドラマの魅力をお聞きする。「イブのすべて」「タルジャの春」で人気を博した、実力派女優チェリムが、本作で1年ぶりにカムバック!この作品を選んだ理由とは・・・?そして、チェリムと「タルジャの春」以来の共演を果たしたイ・ヒョヌ。久しぶりの共演を果たした感想は?この二人の実力派俳優からドラマの魅力と役に対しての思いなど、なかなか聞かれないトークと彼らの魅力をたっぷりとお届け!そして、芸能界を色濃く描いたドラマならではの撮影秘話、チェ・シウォンとの共演話など様々なトークが飛びだします!どうぞお楽しみに!
#38 第5回アジア放送作家カンファレンス2010
【出演】「華麗なる遺産」脚本家 ソ・ヒョンギョン、「結婚できない男」脚本家 尾崎将也 
2010年9月に開催された「第5回アジア放送作家カンファレンス」の模様をお届け!毎年行われるこのカンファレンスは、お互いの文化を理解したり共有し、「アジアはひとつ」というスローガンを掲げ、今後のアジアドラマ産業の発展のため作家たちが意見交換をする場となっている。韓国からは、「華麗なる遺産」を執筆した脚本家ソ・ヒョンギョンさん、日本からは、「結婚できない男」を執筆した脚本家 尾崎将也さんなど各国を代表する作家さんたちをご紹介。アジドラでは、ヒット作を生み出す作家に単独インタビュー。今年も“韓ドラ!大好き”で熱い作家魂に出会えます!              
#39 ハン・ヘジン 脚本家イ・ギウォン
【出演】脚本家イ・ギウォン、ハン・へジン (「済衆院<チェジュンウォン>」)
ドラマの放送前に「済衆院<チェジュンウォン>」の見どころ大特集!韓国版「白い巨塔」を執筆したイ・ギウォン作家が、手がけた初のメディカル時代劇。実在した韓国初の西洋式の病院を舞台に何を描き、何を伝えたかったのか?さらに!作家から見た女優ハン・ヘジンの魅力とは?彼女がアドリブで演じたという予想外の見場面誕生秘話や作家の様々なこだわりがつまったドラマの逸話がきける。そして、再びハン・へジンも登場!実際に幼い頃に過ごしたことのある「済衆院<チェジュンウォン>」への思い入れを語る。            (c)SBS (c)2010 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
#40 ユン・シユン
【出演】ユン・シユン(「明日に向かってハイキック」「製パン王キム・タック」)
2008年「明日に向かってハイキック」でデビュー後、早くも次作「製パン王キム・タック」で主役に抜擢され、新人賞を獲得したことで今最も注目されている次世代若手俳優ユン・シユン。そんな彼が、10月から1カ月間、日本で語学の勉強や文化を知る為に日本に滞在し、様々な体験をする。今回は、そんな彼を一日密着!猛特訓したという日本語の勉強模様から長期滞在中の楽しい体験談を公開。それでけではない、デビューから今までの作品に対する思いとこれからの展望を語る。                               (C)TAXI ENTERTAINMENT
#41 ペク・スチャン監督&脚本家チョン・ヒョンス
【出演】ペク・スチャン監督、脚本家チョン・ヒョンス「MY DREAM(マイドリーム)」
2010年韓国初のスポーツエージェントドラマ「MY DREAMマイドリーム」を手掛けたペク・スチャン監督と脚本家チョン・ヒョンスが登場!スペシャル番組では語りきれなかったドラマの魅力をお届け!!監督、脚本家から見た俳優たちの感想や、「今まで忘れていた夢や希望、家族について改めて考えるきっかけになってほしい」と監督が語った作品に対する思いや作家が登場人物の口を借りて世の中に伝えたかったことなど、ドラマを通して視聴者に夢を与えてくれた二人のトークは、必見!
#42 イ・ヒョンチョル
【出演】イ・ヒョンチョル (シティーホール)               
「シティーホール」でキム・ソナ演じるミレを元気付ける憧れの人、イ・ジョンド役を演じた実力派俳優のイ・ヒョンチョルが登場!ドラマ「オンエアー」では悪い芸能事務所の代表、「シティーホール」では愛すべき男、「パスタ」では料理人と今まで数々の役を演じたが、これからは俳優として“今後は人間味あふれる役を演じてみたい”と意気込む彼。その実力派俳優の素顔とは・・・スペシャル番組「韓国スーパー脇役スペシャル PART7
」では語られなかった彼のプライベートトークをたっぷりとお届けします!
(C)SBS
#43 チュ・ジンモ
【出演】チュ・ジンモ(「霜花店(サンファジョム) 運命、その愛」「MY DREAM(マイドリーム)」)
映画「霜花店(サンファジョム) 運命、その愛」を記念チュ・ジンモが登場。除隊後、とあるきっかけで映画界にデビューし、キム・ギドク監督の「リアル・フィクション」や「MUSA−武士−」など話題の映画に出演。その後映画「霜花店」で、念願の第45回百想芸術大賞の「映画部門 最優秀賞 主演男優賞」を受賞したチュ・ジンモ。人気と実力を兼ね備えた俳優として 韓国国内だけでなく日本をでも熱い支持を得ている。この番組では、そんな彼が今まででもっとも苦心、そして演じる喜びを得た映画「霜花店」に込めた想いを語る。同姓に対する究極の愛をどのように表現したのか?そして、映画とは全く異なる役として挑んだドラマ「MY DREAM(マイドリーム)」の話題も!この2作品から垣間みられる彼の熱い役者魂にとことん迫ります!さらに、日本でも熱い人気を誇る俳優の今明かされる、ファンへの想いとは?
#44 ソン・ダムビ
【出演】ソン・ダムビ(「MY DREAM(マイドリーム)」)
2007年ソロ歌手としてデビュー後、韓国のビヨンセ”と呼ばれ話題を呼び、さらに2ndアルバム「狂ってる」で大ヒット!そして最近の活動では、安室奈美恵、東方神起など国内外の有名歌手を手掛ける日本人プロデューサー兼アーティストのFPMとコラボし話題になっている。そんな彼女が2009年初めて俳優として挑戦したドラマ「MY DREAM(マイドリーム)」。歌手と俳優との活動の違いで苦悩と葛藤の連続。だがその中からある大切な事を学んだという。彼女が、その経験から得たもの、そしてこれから目指していく姿とは?番組では、ドラマに初めて挑戦した彼女のその熱意に迫る!そして、共演したチュ・ジンモとキム・ボムとの撮影秘話を語る。
#45 脚本家ユ・ヒョンミ
【出演】脚本家ユ・ヒョンミ(「神の天秤」「楽しい我が家」)
7月放送のドラマ「楽しい我が家」の放送先取り記念!脚本を手掛けたユ・ヒョンミ作家が登場。これまでに「グリーンロ―ズ」「神の天秤」などの作品を執筆し「神の天秤」では、“第45回 百想芸術大賞TV部門 脚本賞”“第21回 韓国放送作家大賞”を受賞。サスペンスドラマに定評があるだけに期待された最新ドラマ「楽しい我が家」。執筆中彼女は何を考え、ドラマにどんなメッセージを込めたのだろうか?そして彼女しか描けない世界。その執筆の秘話に迫る。さらに、ドラマの見どころもご紹介!

#46 オム・テウン
【出演】オム・テウン(「善徳女王」「ドクターチャンプ」)
2005年「復活」、「魔王」以後、ドラマ「善徳女王」「ドクターチャンプ」。映画「私たち生涯最高の瞬間」 など様々なヒット作品に出演し、スターへと飛躍したオム・テウン。今まで培った経験を活かし、2011年に映画「特別捜査本部」の主演にキャスティングされ、犯人を追いかける熱血刑事を演じる。今回は、その映画撮影現場に潜入!撮影秘話や作品への意気込みなどお聞きするほか、同時期に韓国で開催されたプチファンミーティングの模様やプライベートの近況などをお届けする。
(C)SIM Entertainment
#47  第6回アジアドラマカンファレンス
【出演】脚本家 カン・ウンギョン「製パン王キム・タック」(韓国)、脚本家 中園ミホ「ハケンの品格」、市川森一など
毎年ソウルで開催されるアジア最大のドラマ放送作家カンファレンス。アジア各国から放送作家たちが集まり、今後のアジアドラマ産業の発展のため、互いの文化の理解・共有をする場となっている。今年から新たに名称を変え、アジア7カ国を代表するドラマ作家だけでなく、ドラマに携わるプロデューサーなどが参加し、さらなるアジアドラマの発展を目指し開催された。今年選ばれた日韓の代表作家は、韓国で最高視聴率50.8%を記録した話題作「製パン王 キム・タック」を手掛けたカン・ウンギョン作家、「ハケンの品格」を描いた中園ミホ作家。この2つの代表作から、作家たちのどんな意見交換が行われるのか、その熱い討論の模様に注目!さらに、今までのカンファレンスを振りかえりながら、今後のアジアドラマの新たな試みを探っていきます!
#48 チュウォン
【出演】チュウォン 「製パン王キム・タック」
ドラマ「製パン王キム・タック」でキム・タックの恋敵役ク・マジュンを演じたチュウォンが出演。ミュージカル俳優としても脚光を浴びる新鋭スターで、演技、歌、ダンスなどパフォーマンスが高く評価されている。番組では、『製パン王キム・タック』で初のドラマ出演を果たしたチュウォンが、当時の心境や裏話を告白!さらには、オム・テウンと共演している最新出演作の映画「特別捜査本部(原題)」もご紹介!今回は、チュウォンの魅力にとことん迫ります!
(C)SIM Entertainment
#49 ユン・シユン&チュウォン
【出演】ユン・シユン&チュウォン「製パン王キム・タック」
2010年度韓国で40%を越える視聴率で熱い人気を集めた『製パン王キム・タック』が、日本の地上波で放送がスタート!日本でも"製パン王キム・タック旋風"が巻き起こるのでは?と期待されている。その主演キム・タック役を演じた新人俳優、ユン・シユンとク・マジュン役を演じたチュウォンが、地上波初放送を記念して、二人揃って来日!!初めて大勢の日本のファンを目の前にした2人の想いとは!?新人ながらに主演に抜擢、関係者から多くの反対を受けたという逆境の中で、演じた苦悩…。だがそこには、成長と俳優としての変化があった。まだ駆け出したばかりの俳優ユン・シユンと俳優チュウォン。その2人の率直な姿とこれから見せる新たな姿に迫ります!
(C)TAXI ENTERTAINMENT (C)SIM Entertainment
#50 チャン・グンソク
【出演】チャン・グンソク
今をときめく若手韓流スター、チャン・グンソク。子役でデビューをしてから、「ファン・ジニ」「赤ちゃんと僕」など数々のドラマや映画に出演。2009年ドラマ「美男<イケメン>ですね」で日本でも大ブレイクした彼は、2011年4月には日本で歌手デビューを果たすなど、多彩な才能を持ち合わす今最も勢いのある若手韓流スター!そんな彼が、自身初の公式写真集の展覧会の開催を先駆け行なわれた公開記者会見に、ファンやマスコミが殺到!番組では、その話題になった記者会見の模様をお届け!お決まりの「シャッフルダンス」や投げキッス、惚れられずにはいられないて名言などグンソクワールドが満載!今、日本の女性たちを虜にさせるその理由とは?
#51
【出演】オ・ダルス (「MY DREAM(マイ・ドリーム)」イ・ヨンチュル役)
映画「オールド・ボーイ」「甘い人生」そして「親切なクムジャさん」「グエムル」など韓国だけでなく、日本でも話題になった映画などに多数出演し、個性ある役で主演以上の存在感を醸し出す俳優オ・ダルス。ひょんなことから舞台俳優としてスタートするも、舞台経験は一切なし、現場で実践しながら演技力を得たという。今まで演劇か映画にしか出演したことがなかったオ・ダルスだが、長い経歴の中で初めてドラマ「マイドリーム」の出演を決めた。今までドラマ出演をしなかった彼が、今回なぜドラマ「マイドリーム」を出演を決めたのか?そして彼にどんな心境の変化があったのか?韓国映画ファンを魅了する俳優オ・ダルスの真実が明らかに☆

番組表カレンダー

前週 13 14 15 16 17 18 19
今週 20 21 22 23 24 25 26
次週 27 28 29 30 01 03 03

© Sony Network Communications Inc.