番組名 韓国ドラマ「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」
©Licensed by KBS Media Ltd. ©2011 KBS. All rights reserved
 
2011年度下半期“視聴率No.1"を独走した大ヒット作 !
イケメン4兄弟VSワガママ娘が恋に仕事に大奮闘!?
それぞれの“幸せ"を追い求める若者たちの心温まるロマンティック・ラブコメディ!


★「製パン王キム・タック」のチュウォンと“AFTER SCHOOL"ユイ、「マイ・プリンセス」のリュ・スヨンなど豪華キャストが結集 !
★KBS演技大賞で驚異の6冠 ! 百想芸術大賞でもダブル受賞を達成 !2011年度KBS演技大賞で各賞を総なめにし、6冠を達成 !
また、主演のユイとチュウォンは、KBS演技大賞と百想芸術大賞の新人賞をダブル受賞し、その実力を証明した !

全58話  (韓国KBS 2011年)  ノーカット日本語字幕版

【重要】「烏鵲橋の兄弟たち」#38編成変更について

 
放送日時
(レギュラー放送)

2017年02月01日 (水)
14:00
#58(終)


(追っかけ放送)

2017年02月01日 (水)
2017年02月02日 (木)
2017年02月03日 (金)
2017年02月06日 (月)
2017年02月07日 (火)
2017年02月08日 (水)
2017年02月09日 (木)
2017年02月10日 (金)
2017年02月11日 (土)
2017年02月13日 (月)
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:30
(深夜)03:45
(深夜)03:30
#50
#51
#52
#53
#54
#55
#56
#57
#38
#58(終)


番組内容
ソウル郊外に位置する烏鵲橋(オジャッキョ)農場で暮らすファン一家。アラフォー独身の長男・テシクは優柔不断な性格で、お見合いを繰り返す日々。エリート志向の次男・テボムはテレビ局一優秀な記者だが、女性上司のスヨンと対立してばかり。無愛想な三男・テヒは熱血警察官として活躍。末っ子の四男・テピルはナンパ好きのお気楽者。そんな家族とともに農場を営んでいた父・チャンシクだが、実は家族に秘密にしていた重大な事実があった…。そのことがきっかけで、ある日突然現れたワガママ娘のチャウンが一家とともに暮らすことになり、兄弟たちの周りは騒動の連続に… !

【監督】キ・ミンス「グッバイ・ソロ」「アクシデント・カップル」
【脚本】イ・ジョンソン「がんばれ! クムスン」「外科医ポン・ダルヒ」
【出演】チュウォン「ヨンパリ」「製パン王キム・タック」
    ユイ(AFTER SCHOOL)「上流社会」「結婚契約(原題)」
    リュ・スヨン「町の弁護士チョ・ドゥルホ」「変わった嫁」
    チョン・ウンイン「ヨンパリ」『ベテラン』
    ヨン・ウジン「恋愛じゃなくて結婚」「離婚弁護士は恋愛中」
    チェ・ジョンユン「manny-ママが恋したベビーシッター」「ホギュン-朝鮮王朝を揺るがした男」


#1
烏鵲橋農園を営むファン家は、チャンシクとポクチャ、4人の兄弟と祖母の7人家族。賑やかながらも平和に暮らしていたチャンシクの元に、突然高校時代の友人イノが現れる。事業に失敗したイノは、農園を返してほしいと迫る。実は農園はイノのもので、チャンシクは10年という期限付きで借りていたのだ。ひと月後には農園を明け渡せというイノ。ポクチャや息子たちに事実を隠しているチャンシクは途方に暮れてしまう。
#2
ひと月後に農園を返すようチャンシクに念を押し、イノは中国出張へ出かける。困り果てたチャンシクは解決策を考えるべく、息子たちとテシクの家で会議を開く。そこへ何も知らないポクチャがやってきて…。
同じ頃、イノの娘チャウンは、友達と偽のブランドバッグを買いにある店を訪れていた。そこに偽ブランド品の販売業者を取り締まっていたテヒがやってきて、チャウンを業者と勘違いしてしまう。
#3
事実を知ったポクチャは怒り、チャンシクを激しく責める。その後イノの会社を訪ねたポクチャとチャンシクは、イノが中国出張中に行方不明になったという事実を聞かされる。中国で沈没した旅客船にイノが乗っていたというのだ。
チャウンは祈りながら父の帰りを待ったが、イノが帰ることはなかった。そのうえイノの会社は不渡りを出し、家を追われることに。母親まで自分を置いて行方知れずになり、途方に暮れるチャウンだったが、偶然農園の覚書を発見する。
#4
チャウンは烏鵲橋農園を訪れ、期限までに農園を返すようチャンシクらに告げる。チャウンの登場にファン家は大騒ぎ。横柄なチャウンの態度に激怒したガムニョンらは、取り合わずに追い返す。腹を立てたチャウンは、期限まで待たずに農園を売りに出してしまう。
一方テヒは、ハングク大のソ教授がイノからブランド品を受け取り、チャウンを裏口入学させた容疑で捜査を進めていた。そんな時、家の倉庫でチャウンと鉢合わせし…。
#5
チャンシクとポクチャは農場を奪われまいと、チャウンに一緒に住もうと提案する。チャウンは提案を受け入れるが、条件としてお小遣いや授業料を請求、金銭感覚のずれにただ驚くチャンシクたちだった。
スヨンはやっとの思いで議員の妻の単独インタビューを取り付けるが、テボムのせいでインタビューが失敗に終わってしまう。その夜、酒の席でいがみ合い泥酔したスヨンとテボム。翌朝目を覚ますと2人は同じベッドに…?
#6
一夜を共にしてからテボムと気まずいスヨン。そのうえ自分の企画はボツになり、テボムに手柄をもっていかれてしまう。
チャウンの裏口入学を疑うテヒはハングク大で聞き込みをするが、チャウンは優秀だという証言ばかり。そしてあらゆる状況から、テヒは疑いの目を署長に向け始める。
チャウンは父親の捜索費用として3000万貸してくれとチャンシクに頼む。あまりに法外な金額に、ポクチャらは激怒。そして翌朝、事件は起きた。
#7
覚書が消えたと朝から大騒ぎするチャウン。家中を捜しても見つからない。チャウンは唯一覚書を見たポクチャが盗んだのではないかと疑い、返すよう迫るが、怒ったポクチャはチャウンを追い出してしまう。行くあてをなくしたチャウンはテヒのいる警察署を訪ね、警察として覚書を捜してくれと泣きつく。だがそんなチャウンにテヒは、イノとソ教授の関係を話し、裏口入学をしたのかと問いただす。
#8
ファン家を追い出されたチャウンは、学校で寝泊まりしながらアルバイトをして何とか生活していた。チャンシクはチャウンを心配し、再び呼び戻そうと言うが、ポクチャは取り合わない。実はポクチャは、覚書を盗んでいたのだ。
特ダネに飢えていたテボムは、テヒの捜査資料を盗み、チャウンの裏口入学についてスクープとして報道してしまう。テヒは責任を問われクビの危機に、そしてチャウンは大学やネットで袋叩きに遭う。
#9
ずっと体調が優れないスヨンは、妊娠検査薬を試すとなんと陽性。妊娠した事実をテボムに告げるも、テボムからはそっけない反応しか返ってこない。
一方、チャウンが心配で仕方ないチャンシクはしばらくの間だけでもチャウンを住まわせようと提案するが、ポクチャは頑なに拒む。報道のせいで取り巻く環境が一変したチャウンはヤケ酒をして泥酔。自暴自棄になったチャウンがタクシーで向かった先は烏鵲橋農園だった。
#10
スヨンは結婚しようとテボムに迫るが、テボムはそんな結婚は子どもを不幸にするだけだと言って断る。
一方チャウンは、烏鵲橋農園でカモを逃がすわ梨畑を荒らすわで大暴れ。結局警察に連れていかれたチャウンは、引き取りに来たテヒにそれではただの駄々っ子だと言い放たれてしまう。後日冷静になって再び訪ねてきたチャウンに、テヒはポクチャの心を動かせと助言する。次の日、ポクチャの前に再びチャウンが現れ…。
#11
農場を手伝いながら庭にテントを張って住むと言うチャウン。これは情に訴え農場を取り戻そうというチャウンの作戦だった。チャウンを追い出したいポクチャとチャウンを心配するチャンシクは衝突してしまう。
テシクは見合い相手のイェジンと順調に交際を進める。しかしテシクに密かに思いを寄せるミスクは面白くないのだった。
スヨンとテボムは、お互いを知るためにデートをすることに。しかし2人はすぐに言い合いになってしまう。
#12
ポクチャはチャウンを追い出そうとするが、一筋縄ではいかない。チャウンはポクチャに取り入ろうと、必死に農場の仕事を手伝う。
裏口入学の捜査は打ち切りになってしまったが、テヒはイノと署長をつなぐある物を発見、独自に調べを進めることにする。
スヨンとテボムは結婚に対して正直な気持ちを伝え合う。断固として結婚を拒むテボムに、スヨンは親権を放棄しろと迫る。テボムの家を訪ねたテヒとテピルは2人の話を聞いてしまい…?
#13
お腹がすいて、台所に忍び込みおかずをくすねてしまったチャウン。急きょ家族会議を開くと、チャウンを同情する意見が多数に。ポクチャは仕方なく、半年という期限付きでチャウンに農場の仕事を教えることにする。
スヨンの妊娠が兄弟たちに知れ、ついにはポクチャの耳にも入る。会社を訪ねスヨンに会い、ひと目で気に入るポクチャ。ついに初めての嫁が来ると浮かれるポクチャやチャンシクだったが、テボムは結婚しないと言い張り…。
#14
結婚しないというテボムにチャンシクは無責任だと激怒。一度スヨンを呼んで話し合おうということに。
留学先のニューヨークから突然帰国したヨウルは、スヨンが妊娠したことをヨギョンたちにバラしてしまう。1人で子供を産みたいというスヨンにヨギョンとヒョンジェは衝撃を受け、猛反対する。
両親に負い目を感じるスヨンはテボムを必死に説得、ついにテボムは結婚を決意する。
#15
スヨンとテボムは、1年という期限付きの契約結婚をすることに。テボムがスヨンを連れて家に帰ると、なんとそこにはヨギョンがいた。ヨギョンはテボムが妊娠を知りながら結婚を拒んだことを責め立て、結婚は許さないと啖呵を切って出ていく。
大雨の夜、ポクチャが心配になって外に出るとチャウンが熱を出しぐったりしていた。屋根裏部屋に入れて看病するポクチャに、チャウンは母親の温もりを感じ癒やされるのだった。
#16
イェジンへのプレゼントを選ぶため、テシクの買い物に付き合わされるミスク。テシクがプロポーズすることを知ったミスクは告白をする。しかしテシクは気持ちは受け取れないと断り、その夜にプロポーズするのだった。
スヨンの家へ挨拶に行く日、服装から贈り物まで母の好みに合わせてくれとテボムに言うスヨン。テボムは侮辱されたと感じ憤るが、怒りを抑え挨拶に向かう。そして食事の席で、ヨギョンはテボムにひざまずいて謝れと言い放つ。
#17
飲み会の帰り、酔ってチャウンのテントに入り込み、眠ってしまうテヒ。チャウンは戸惑いながら、ときめきを感じるのだった。
ヨウルは登山用品店と契約。喫茶店で偶然、契約書を目にしたテピルは立地が悪いと忠告するが、少し前にテピルがナンパするところを見ていたヨウルは取り合わない。
テボムは屈辱を感じながらも、スヨンを傷つけたことを認め、ヨギョンにひざまずいて謝る。そしてついに両家顔合わせの日を迎える。
#18
ヨギョンとポクチャが火花を散らしながらも、顔合わせは無事に終了。結婚式を迎えるが、局からテープ紛失の連絡が入り、スヨンとテボムが式の途中で抜け出す大騒ぎに。
テヒは麻薬の密売犯からワイロ帳簿を入手。その中に署長の名を発見し、驚愕する。
イェジンを両親に紹介でき幸せいっぱいのテシク。しかし家に帰ると、フィリピンで交際していたアンジェリカから、実はテシクの子を9年前に産んでいたというメールが届いていた…。
#19
ぎこちない雰囲気で迎えた新婚生活の2日目、テボムが目にしたのはヨギョンが作った朝食だった。ヨギョンが勝手に入ったことに激怒するテボムをスヨンは必死になだめる。
ひょんなことから酒を飲むことになったポクチャとチャウン。2人の距離はさらに縮まり、ポクチャの苦労を減らしてあげたいと考えたチャウンは、食洗機をプレゼントする。チャウンの優しさに触れ、覚書を盗んだことを悔いるポクチャ。その姿を偶然テピルが見てしまい…。
#20
ヨウルが友人から引き継いだのは、実は立地条件が悪く、赤字続きの店だった。ヨウルはIBCで偶然テピルを見かけ、相談に乗ってほしいと連絡先を交換する。
チャウンを屋根裏部屋に入れることにしたポクチャ。歓迎ムードの中、真実を知るテピルは複雑な心境だ。
テシクの元に再びアンジェリカからメールが届く。息子を育てられなくなったから、テシクに託すという。空港に迎えに行くと、そこには自分の息子、ククスが立っていた。
#21
空港で息子のククスと初めて対面するテシク。戸惑いながらも簡易宿に連れていき、テボムを呼び出しアンジェリカを捜すよう頼む。
チャウンは借金の取り立てが大学にまで来たことをユンスクに伝えに行く。そこでユンスクの父親に対する率直な思いと謝罪の言葉を聞いたチャウンは、お金ができるまで待つよう言う。
一方、ポクチャが覚書を盗んだことを責めるテピル。その2人の会話をチャンシクが偶然聞いてしまい…。
#22
テボムと昔の恋人の写真を発見するヨギョン。処分するようテボムに言うが、テボムはヨギョンが勝手に入ったことに気分を害し、2人はまた険悪なムードに。そしてスヨンは、昔の恋人の名前をつぶやくテボムの寝言を聞いて傷つくのだった。
真実を知ったチャンシクは農場を返そうとポクチャを説得する。同じ頃ユンスクはチャウンのあとをつけ、烏鵲橋農園にたどりつく。そして農場がイノのものだと知り、チャンシクに農場を返すよう迫る。
#23
強い態度でユンスクを追い返すポクチャ。しかし罪の意識はぬぐえず、ついにチャウンに真実を話し農場を返す決意を固める。母の墓前を訪れ、懺悔するポクチャだった。
テシク、テボム、テヒも真実を知り愕然とするが、チャンシクと相談し、農場を返し引っ越すことで意見は一致する。
テヒが気になるチャウンは、テヒに手作りのお守りをプレゼントする。受け取ったテヒは、ポクチャが実の母親でないことを打ち明けるのだった。
#24
引っ越し資金を工面するために銀行をはしごするテボムだが、なかなか目標の額に達しない。スヨンは実家で何かあったのかと心配するが、口を挟むなと言うテボム。スヨンは不満を募らせていくのだった。
ポクチャは本当のことを話すためにチャヨンを連れ出すが、とうとう話を切り出せないまま家に帰ることに。家ではユンスクが家中を荒らして覚書を捜していた。そしてついにポクチャのバッグから覚書が見つかってしまう。
#25
ユンスクに連れられて出ていくチャウン。テヒはなぜ覚書を返さずにチャウンを傷つけたのかとポクチャを責める。
引っ越し費用の工面に奔走するテボム。それを見たスヨンはこっそりチャンシクに会い、引っ越し費用を渡す。何も知らないテボムは、チャンシクから費用が工面できたという知らせを受けて一安心するのだった。
農場に荷物を取りに来て、ポクチャに罵倒を浴びせるチャウン。チャウンの言葉に涙を流すポクチャだった。
#26
チャウンが心配になり様子を見に行くテヒ。チャウンは事実を隠していたテヒを責めながらも「好きだった」と想いを告げる。ファン家はチャウンの要望により、農場を売りひと月以内に家を明け渡すことに。
テシクは、ミスクにククスを突き返されてしまった。仕方なく部屋にかくまっていたが、とうとうチャンシクやポクチャにバレてしまう。
チャウンが気になり、何度も会いに行くテヒ。そしてテヒも好きだという気持ちを伝える。
#27
テシクに子どもがいた事実が発覚してから今まで隠していたことにチャンシクは激怒。
母親とは音信不通だと知って途方に暮れる。
スヨンの大学の先輩ジェファンが新任部長としてIBCに。スヨンに好意を持つジェファンは、スヨンにべったり。まんざらでもなさそうなスヨンにテボムはいら立ちを覚える。チャウンは自分が応募したキャラクターを気に入ったというジェハに会うことに。約束の場所に行くと、テヒと鉢合わせになり…。
#28
テシクはイェジンと結婚するために、ククスを育ててほしいとポクチャに頼む。その勝手な言い分にあきれ返る一同だった。
テヒはチャウンのもとを何度も訪ねるが、チャウンは取り合わない。結局テヒはチャウンへの気持ちを整理することにする。チャウンもまたテヒへの想いを吹っ切るように、アニメ制作の仕事を始めることを決意する。
テヒはジェハのデスクで、母親の写真を見つける。ジェハはテヒの母親が再婚した相手の息子だった。
#29
スヨンが2000万をチャンシクに渡したことがテボムの耳に。初めは不愉快に思うテボムだが、自分を担保として何年かかっても必ず返すと宣言。そして完済までは別れないと約束する。
借金の取り立てからチャウンを命がけで守るテヒ。別れを告げながらも、惹かれあう2人だった。一方、突然ファン家を訪ねてきたイェジン。ククスをハナの友達だと紹介するテシクにしびれを切らしたチャンシクは、テシクの息子だとバラしてしまう。
#30
チャンシクになじられ、イェジンに振られ…絶望したテシクは、とうとう入水自殺を図る。電話を受けたミスクが駆けつけ必死に止めるが、結局テシクは川の水の冷たさに自殺を断念。あきれ返るミスクだった。
ついに農場の買い手が現れ、契約を済ませるチャンシク。その買い手とはジェハのいる映画会社だった。何を企んでいるのかと怒りをあらわにして詰め寄るテヒに、ジェハは母親がすでに死んでいることを告げる。
#31
農場の買い手がテヒの実の母親の再婚相手だと知ったガムニョンは、農場を売らないでくれとチャウンに頼む。同じ頃テボムから買い手のことを聞くテヒ。テヒは高校生の頃母親に会いにボストンまで行ったことを打ち明けながら、母を恨む思いをにじませる。
テヒがジェハと知り合いであることから、母親に内緒で会ったのかと疑うガムニョン。テヒは激しい口調で否定し、生前母親に会わせてくれなかったことを責めるのだった。
#32
テボムに大手企業会長の不正のタレ込みが入る。しかし情報提供者に会いに行く途中、エレベーター事故の現場に遭遇。閉じ込められる子どもを救出していたせいで、スクープを他局に取られてしまう。しかしたちまちネットで話題となり、テボムは一躍人気者に。
テピルを追って店にまでやってくる元恋人。テピルとヨウルは彼女を追い払おうと恋人同士を装い、キスのふりまでするのだが、それをヨギョンたちに見られてしまい…。
#33
突然、農場は売らないと宣言するチャウン。チャウンはジェハに、烏鵲橋農園と自分の関係、農場への愛着を打ち明け、そしてもう家族を許したいから契約を解除してほしいと訴える。ジェハは半年以内に契約金を全額払い戻すことを条件に解約を受け入れる。
テヒの母の死やテヒの本音を知りショックで寝込んでしまうガムニョン。テヒは唯一甘えられるガムニョンだから当たってしまったと謝り、涙ながらに和解するのだった。
#34
契約まで半年の猶予をもらったことをファン家に伝えるチャウン。断固引っ越すと言うチャンシクだったが、家族会議の結果、引っ越さず農場を続けることに。再びチャウンとの共同生活が始まった。
テボムは、帰国し仕事に復帰したヘリョンと再会、新番組を一緒に担当することに。スヨンは番組を降りてほしいと頼むが、テボムは聞く耳を持たない。
ジェハと親しげに電話するチャウンにテヒは、自分はいまだに好きだとチャウンに告げる。
#35
テシクのもとにアンジェリカの訃報が届く。彼女は病気のためにククスをテシクに託したのだった。ある日、病院に外国人患者がやってくる。差別的な態度を取る院長をテシクは殴ってしまい、病院を辞めることに。しかしこの事件でテシクは、ククスの父親である自覚をより強く持つことになるのだった。
チャウンとジェハが気になり、動物園にまでついていくテヒ。しまいにはジェハの車に落書きしているところを見られてしまい…。
#36
テレビ局にやってきたヨギョンは、偶然スヨンとテボムが結婚を隠していることを知る。さらにヘリョンとテボムが一緒にいるところを目撃してしまう。
農場の契約を保留にしたことで社長に大目玉を食らうジェハ。ジェハを励ますためチャウンは映画館デートに付き合うことにする。しかしそこにもテヒが現れ、ジェハを殴ってしまう。チャウンは怒りながらもテヒに思いを告げると、テヒはチャウンに思わずキスをしてしまうのだった。
#37
スヨンは、ヘリョンはただの仕事上の付き合いだと言いながらテボムをかばうが、ヨギョンは離婚するよう迫る。
カップル同伴の集まりに行けず悲しむヨウルに、恋人役を買って出たテピル。しかしヨウルの友達にニセの恋人だと言われ、カッとなったテピルはヨウルにキスをする。
食事の席で、元恋人テボムへの思いを語るヘリョン。いたたまれなくなったテボムは席を立ち、スヨンはヘリョンの行動を身勝手だと責めるのだった。
#38
新番組を降りることになったテボム。スヨンはテボムの決断に感謝するが、自分を愛しているかとの問いに絶句するテボムを見てショックを受ける。
何度もジェハと衝突するテヒに腹を立てるチャウン。しかしテヒの実の母親がジェハの父親と再婚したことを知り、テヒの心の葛藤を思い再び歩み寄るチャウンだった。
テボムがヘリョンと、ヘリョンの母親といるところを目撃するヨギョン。テボムの荷物をまとめ、ファン家に乗り込むのだが…。
#39
契約結婚の事実を2人の両親の前で打ち明けるスヨン。テボムは妊婦であるスヨンや、お腹の子にあまりに無関心だったことを反省し、心を入れ替えようと決意する。
テピルはヨウルを飲みに連れ出し、友人の協力を得てサプライズ告白イベントを実行。しかしヨウルに断られ、さらにはクビにするとまで言われてしまう。
スヨンと仲直りしようと夕飯を用意して待つテボム。しかし帰宅したスヨンが口にしたのは「別れよう」の言葉だった。
#40
テボムは何とか歩み寄ろうとするも、ことごとく無視するスヨン。そんなある日、スヨンが母子手帳を落としたことが原因で、スヨンが妊娠したという噂が社内で広まる。コン部長の子だと騒ぐ社員たちに耐え兼ね、テボムはスヨンと結婚していることと、子どもの父親は自分であることをバラしてしまう。
テボムの勝手な行動に腹を立てたスヨンは、再度別れを告げる。そして実はテボムを愛していたという本心も明らかにする。
#41
捜査の最中、ジェハはテヒをかばってケガを負ってしまう。病院に付き添ったテヒに、遺品を取りに来るよう言うジェハ。
テボムは離婚しないと粘るが、「スヨンを愛している」となかなか答えられない。一方、ビッグカップルの誕生に社内外は大盛り上がり。もう離婚したと言うスヨンに局長は考え直すよう説得する。
ヘリョンが倒れたとの知らせを受け、駆けつけるテボム。しかしヘリョンの家の前でスヨンと出くわし、再び誤解を招いてしまう。
#42
テヒはチャウンに背中を押され母親の遺品を取りに行く。毎年テヒの誕生日に買っていた靴と、添えられたメッセージを目にし、涙するテヒだった。
ガムニョンに見合いを急かされたテヒは、チャウンと結婚に向け話を進め始める。
テヒは実父をひき逃げした犯人が捕まっていないことを知り、独自で調査を始める。しかし当時の事件担当刑事にテヒより先に接触したチャンシクは、犯人がおそらくイノであることを聞き、衝撃を受ける。
#43
ポクチャが過労により倒れてしまう。心から心配するチャウンにポクチャは感激するが、犯人がイノだと知るチャンシクは、チャウンにつらく当たってしまう。そしてポクチャに農場を手放し引っ越そうと提案する。
スヨンとテボムは2人でラジオ番組の恋愛相談コーナーに出演。すでに離婚を決めていた2人は意見が衝突し険悪なムードに。
ある日、ニュース番組を見ていたチャウンは、映し出された駅のホームにイノと似た男を目撃する。
#44
スヨンが階段で転んだとの知らせを受け、病院に駆けつけるテボム。結局、それはテボムの早とちりでスヨンにケガはなかったが、この一件でスヨンへの愛を確信したテボム。告白をするも、スヨンにもう遅いと突き放されてしまう。
テヒの彼女としてチャウンを紹介されたポクチャやガムニョンは大喜び。結婚の日取りを決めようと盛り上がる家族たちに、チャンシクは反対だと激怒。そしてポクチャにイノが犯人だということを打ち明ける。
#45
ヨウルの店に偶然やってくる元夫。テピルはヨウルの背中を押し、元夫の会社に乗り込み思いをぶつけさせる。そうして2人の距離は一層縮まる。
農場を手放し、テヒとチャウンを別れさせることに決めたチャンシクとポクチャ。しかし誕生日プレゼントをもらったりとチャウンの温かい心に触れ、ポクチャの心は揺らぐ。そしてチャウンを傷つけないためにも、この事件のことは胸にしまおうとチャンシクに訴えるのだった。
#46
お腹に痛みを感じとっさにテボムに電話をかけるスヨン。テボムはスヨンを病院に連れていき、入院中も片時も離れず看病する。
テヒと別れるようチャウンに告げるチャンシク。一番の理由に親がいないことを挙げられ傷つくチャウンだが、テヒや烏鵲橋の家族たちへの思いを訴え、自分を認めてほしいと頼み込む。結局チャウンの思いに心を打たれ、チャンシクは事件を伏せようと決意するが、弟のことを思うとやりきれないのだった。
#47
退院したスヨンにテボムは改めて気持ちを伝え、プロポーズする。スヨンは受け入れ、2人は本当の夫婦となることに。
老い先が短いからとガムニョンに結婚を急かされ、テヒとチャウンはついに結婚を決意する。しかしポクチャはチャウンを呼び出し、結婚は反対だと告げる。
署長イ・ギチョルの不正の証拠を手に入れたテヒ。ギチョルは、イノがひき逃げ犯だと教え、自分の不正を伏せないとチャウンに事実を話すと脅すのだった。
#48
ヨギョンの計らいでヨウルとコン部長がお見合いすることに。しかし見合いの席にテピルが現れヨウルを連れ去ってしまう。改めて互いの気持ちを確かめ合う2人だった。
事件の担当刑事の口からもイノが犯人だと聞かされたテヒ。そしてチャンシクもテヒに事実を話し、チャウンと別れるよう説得する。テヒは別れたくないと食い下がるが、チャンシクは取り合わないのだった。
そんなある日、チャウンにイノから電話がくる。
#49
イノが帰国。つい数日前まで意識不明だったが奇跡的に回復したのだという。大喜びするチャウンだが、すべてを知っているジェハの計らいで、2人は会社の借部屋で過ごすことに。
チャウンの裏口入学騒動について知ったイノは、署長を訪ねて怒りをぶつける。そこでイノは初めて、ひき逃げの被害者がチャンシクの弟であることを知る。農場を訪ねチャンシクに謝るイノ。そしてチャウンは2人の会話を聞いてしまうのだった。

#50
突然食堂を辞めるというテシク。ミスクは自分が結婚の話を持ち出したせいで距離を置くのかと憤るが、テシクはサプライズでミスクにプロポーズ。ミスクは二つ返事でオーケーする。
ついにイノが犯人であることがガムニョンの耳にも入り、ガムニョンはショックで倒れてしまう。幸い翌日に意識が戻ったが、イノを呼び出し再び卒倒するまで罵倒する。チャウンはそんなガムニョンやファン家を思い、涙ながらにテヒとの別れを決意する。
#51
テヒは署長の不正を暴くため、裏口入学事件の捜査を再開することに。
テシクはククスに、ミスクと結婚したいと打ち明ける。しかし実の母親を思い、すぐには賛成できないククスだった。
相変わらずテボム夫婦に対し過剰なまでに干渉をするヨギョン。テボムは感謝しながらも居心地の悪さを感じ、スヨンに独立を提案する。
チャウンとテヒは最後のデートに出かける。互いの想いを知りながらも別れるしかない2人だった。
#52
ククスの意見も聞かぬまま両親に結婚することを報告するテシク。そんなテシクの行動にククスは傷ついてしまう。
テヒはチャウンと別れてから、家にも帰らず酒浸りの日々を送っていた。そんなテヒを心配してガムニョンは署を訪ねるが、すっかりやつれたテヒの姿に胸を痛める。
一方のチャウンも別れから立ち直れずにいた。泥酔したチャウンの姿を見たテヒは家に帰り、自分たちの交際を許してくれと泣きながらガムニョンに懇願する。
#53
勝手なテシクの行動に傷ついたククスは空港へ。母親に会いにフィリピンへ行きたいとテシクに訴える。
独立しようとスヨンを説得し続けるテボム。独立の話に腹を立てるヨギョンだったが、そんなある日、乳がん検査の再検査の知らせが届く。
テヒは、イノの証言と目撃者の証言を照らし合わせ、イノがひき逃げ犯ではないのではないかと思い始める。一縷の望みをかけて、イノの元で働いていたホンを問い詰める。
#54
テピルとヨウルの交際に猛反対するテボムたち。気落ちするテピルは、同じく落ち込むククスを遊びに連れ出して励ます。そしてククスはテシクの結婚を許そうと決心する。
チャウンは失恋から立ち直ろうと、ソウルから離れた施設で住み込みで働き、子供たちの世話に明け暮れる。一方テヒは独自にひき逃げ事件の捜査を進め、署長が事故を起こし、泥酔していたイノに濡れ衣を着せたのではないかという仮説に行き着く。
#55
チャウンのいる施設を訪ねたポクチャは、ガムニョンが2人の仲を許したことを告げるが、甘えるわけにはいかないとチャウンは断る。
再検査の通知を受け取り気落ちしていたヨギョンは、ヨウルとテピルの交際をあっさり許可してしまう。
テヒは粘り強く捜査を続け、ついにホンから運転していたのは署長だったという証言を得る。さらに署長は収賄と裏口入学の容疑で逮捕され、テヒははやる気持ちでチャウンの元へと車を走らせる。
#56
チャウンを連れて帰るポクチャとテヒ。イノとチャンシク、ガムニョンは和解、テヒは改めてチャウンにプロポーズする。
再検査の通知を受けたヨギョンはテボム宛に遺書を書く。結局、異常はなかったのだが、遺書の内容に感動したテボムは、独立を保留にする。
3月に挙式予定だったテシクだが、ミスクが骨折したため式を延期するはめに。ガムニョンは、代わりにテヒたちが3月に式を挙げてはどうかと提案する。
#57
テピルはヨウルを実家に連れていきチャンシクたちに紹介するが、反対されてしまう。一度交際を許可したヨギョンも翻意し、2人が交際を続けることは困難に。
一方テヒは正式にイノに挨拶し、結婚の許しを得る。そんな時、チャウンはアメリカのインターンに合格したことをジェハに聞かされる。ポクチャやイノは行くよう薦めるが、チャウンはテヒと離れたくないと言って譲らない。そして2人は予定どおり3月に式を挙げる。
#58
ポクチャの温かい祝辞を胸に、テヒとチャウンは幸せいっぱいの新婚旅行へ。
一方テピルは2年間、巨済島で先輩の事業を手伝いながら仕事を学ぶことを決意。そして2年後、ソウルに戻ってきてプロポーズするとヨウルに約束する。
テシクたち4兄弟は、テヒの実母が残した遺産にそれぞれの貯金を足してチャンシクとポクチャに家と畑をプレゼントする。
たくさんの家族に囲まれ、ポクチャは今日も元気に朝を迎える!

番組表カレンダー

蜑埼ア 14 15 16 17 18 19 20
莉企ア 21 22 23 24 25 26 27
谺。騾ア 28 29 30 31 01 02 03