番組名 華流ドラマ「君には絶対恋してない!〜Down with Love」
(C)GTV
 
台湾のトップスター、ジェリー・イェンがクールな弁護士を演じる、ロマンチックラブストーリー!

ジェリー・エンとガールズグループS.H.EのメンバーELLAが夢の共演!ジェリーのデビュー作「明星★学園」のプロデューサーと再タッグを組んだ本作はS.H.EのメンバーELLAとの初共演で、クランクイン前から話題に。撮影を通じて、ジェリーとELLAはすっかり意気投合。ジェリーが作品の中で見せるリラックスした表情は“ELLAの効果”といわれるほど、抜群の相性の良さがストーリーをさらに盛りあげ、当初の予定話数よりも4話延長に!

全28話  (台湾GTV 2010年)  

 
出演・スタッフ
項羽平(シャン・ウィピン役):ジェリー・イェン(F4)
年齢27歳。沈着冷静、頭脳明晰、離婚専門の弁護士である。しかし離婚者たちの勝手で醜い振る舞いを毎日見ていたせいで人間不信に陥る。

楊果(ヤン・グォ)役(エラ・チェン/S.H.E)
裕福な家庭だった楊果一家は、母の死と父の破産で一瞬にして莫大な借金地獄へ落とされる。楊果はバイトをしてでも自力で生きなくてはならなくなった。そんな中、弁護士の秘書をしている姉から子供のヘルパーの仕事を紹介される。

放送日時
(レギュラー放送)

2016年03月05日 (土)
2016年03月06日 (日)
2016年03月07日 (月)
2016年03月08日 (火)
2016年03月12日 (土)
2016年03月13日 (日)
2016年03月14日 (月)
2016年03月15日 (火)
2016年03月19日 (土)
2016年03月20日 (日)
2016年03月21日 (月)
2016年03月22日 (火)
2016年03月26日 (土)
2016年03月27日 (日)
2016年03月28日 (月)
2016年03月29日 (火)
2016年04月02日 (土)
2016年04月03日 (日)
2016年04月04日 (月)
2016年04月05日 (火)
2016年04月09日 (土)
2016年04月10日 (日)
2016年04月11日 (月)
2016年04月12日 (火)
2016年04月16日 (土)
2016年04月17日 (日)
2016年04月18日 (月)
2016年04月19日 (火)
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
18:00
#1
#2
#3
#4
#5
#6
#7
#8
#9
#10
#11
#12
#13
#14
#15
#16
#17
#18
#19
#20
#21
#22
#23
#24
#25
#26
#27
#28(終)


番組内容
ヤン・グオ(エラ・チェン)はもともと裕福な家庭で育ったが、母親を亡くした上に父親の破産と失踪により人生が一転。莫大な借金を背負って、手当たり次第にアルバイトをしてお金を稼ぐ生活を送っている。一方、優秀な弁護士であるシャン・ユーピン(ジェリー・イェン)は、事故で亡くなった兄の子供たちを引き取って生活をしていた。そんなある日、グオは家政婦としてユーピンの家で働くことになる。離婚専門の弁護士ゆえに人の愛を信じられないユーピンと、純粋で楽天的なグオ。対照的な2人が出会い、新たな生活が始まるのだが…。

【プロデューサー】コ・イーチン
【監督】コ・ハンチェン「明星★学園」「起來看流星雨」
【脚本】ツァオ・チンヤー、リン・ヤーチュン、ファン・イーダー
【出演】ジェリー・イェン「ザ・ホスピタル」「ホットショット」「流星花園〜花より男子〜」
    エラ・チェン(S.H.E) 「花ざかりの君たちへ〜花様少年少女〜」




#1 「最悪の出会い」 放送時間:本編48分
シャン・ユーピン(ジェリー・イェン)は連戦連勝の辣腕離婚専門弁護士。その日も杭州で企業を経営する妻の離婚相談を受けていた。交渉過程で独断的な依頼主の老齢の夫が秘書と浮気していた事実を吐かせ、高額の慰謝料を請求することに成功し、また連勝記録を延ばす。ヤン・グオ(エラ・チェン)は、アルバイトでキリギリ食いつないでいた。その日はバイト先のレストランでユーピンと友人のクージョンの接客対応をしていたが、恋人にフラれた直後でボーッとしていたため接客対応が疎かになり、ユーピンが店にクレームしたためバイトをクビになってしまう。
#2 「辞められない家政婦」 放送時間:本編48分
バイトを解雇されたばかりのグオは、バイト先の元同僚の女友達イェンリンと飲みに出かけるが、2人とも酔いつぶれてしまう。ユーピンは、秘書のヤン・ドオ(シャオシェン)に新しい家政婦を探すように命令するが、既に派遣先からブラックリストに載っているユーピンの家政婦を探すのは容易ではなかった。そこでドオは一計を案じる。グオは、工事現場作業員の面接を受け、取り敢えず来るように言われる。その後、幼少時代を過ごした嘗ての実家を訪ね、束の間子供時代の想い出に浸る。ユーピンが仕事を終えて自宅に戻ると、新しい家政婦がショック症状を起こして救急搬送されるところだった。
#3 「恋なんかしてない」 放送時間:本編47分
グオは2人の子供と帰宅早々、子供たちから追い出し工作を受ける。そして2人の子供たちの悪戯に耐えきれず彼らにボールを投げつけるが、誤ってユーピンの大切にしていた彫刻像に当たり壊してしまう。ある日ユーピンは、グオとイェンリンを事務所に招き、自分の同性愛者のクライアントが、自らの権利を放棄しないようにアドバイスをして欲しいと頼む。グオは、ユーピンのクライアントの男性と話をしている過程で、自分の性癖はとても両親の理解をもらえないだろうと諦めかけていた男性に、勇気づける言葉を投げ掛けてなんとか翻意させる。ユーピンはグオの言葉に助けられ感謝する。
#4 「秘密の恋の経験は?工作」 放送時間:本編46分
女優のホィファンは、ファンやマスコミを避けるようにしてホテルの一室でユーピンと会う。しかしユーピンは隠れるようにしてホィファンと会う事に不満をぶつける。グオはユーピンの広い家を一人で掃除をしていた。そこにユーピンが戻って来るが、具合が悪そうで、部屋に閉じこもってしまう。グオは子供たちを帰宅させオヤツを食べさせるが、子供たちに睡眠薬入りの風邪薬を飲まされ眠ってしまう。子供たちは、グオをユーピンの寝ているベッドに連れて行くが、そんな時、ホィファンがやってくる。
#5 「邪念よ消えろ!」 放送時間:本編47分
ホィファンと別れてユーピンは傷心していた。そんな中、グオはユーピンに子供たちの学芸会に出席するよう進言し、ユーピンもそれに従う事にする。会議を終え、学芸会に出発しようとした矢先、何者かがユーピンの事務所を襲撃。事後の対応のため学芸会には行けず、事件後帰宅したユーピンは、グオになじられる。そうしている内にユーピンはうずくまるようにして意識を無くし病院に担ぎ込まれる。出血性の胃潰瘍だった。意識を取り戻したユーピンは、グオに学芸会の件を謝る。グオは子供たちの悪戯の原因がユーピンの無関心にあると率直に言い放った。
#6 「勇敢な口移し」 放送時間:本編47分
ユーピンはグオと子供たちの拉致現場を突き止め、子供たちを逃がした直後、ユーピンとグオは追手に捕まってしまう。その直後犯人達は警察が来たことでユーピンに小型爆弾をくわえさせ葬ろうとするが、グオの機転で一命を取り留める。警察は犯人たちを検挙し、子供たちも無事保護された。この事件を契機にユーピンは見返りのない愛の存在に気が付き、子供たちはユーピンに心を開くようになった。グオの姉は、二人の生還を祝う食事会で親しくなったクージョンにトキメキ始める。
#7 「それぞれの家族」 放送時間:本編47分
ユーピンは、ポン菓子を買おうと行列の並んでいる時、イェンリンが男の乗った車から降りてくるのを目撃して不審を抱く。ユーピンの家にいたグオの元に子供たちの実母が訪ねて来る。どうしても子供たちに会いたがる彼女の願いを受け、グオは赤の他人として下校の途中で会えるように手配する。しかし姉のユーフェイは、母親の友人と名乗る女に不審を抱き、席を立ってしまう。イェンリンは、新しいボーイフレンドオのレイと付き合い始め、グオにゲイカップルの演技を止めようと言い出す。しかしグオは、そんなことをしたら仕事を失うため家政婦をしている間はダメだと言い張る。
#8 「ユーピンの変化」 放送時間:本編46分
グオは、子供たちが実母の元に戻ることになった事で家政婦の仕事が終了することになるため、期待を込めてユーピンに今後の自分の身の振り方を訪ねるが、ユーピンからは期待はずれの言葉を聞く。空港で子供たちを見送った帰り、ユーピンはグオをイェンリンとレイが暮らすアパートがある場所に連れて行く。ユーピンは、アパートから出てきた二人を見つけると、レイをイェンリンの浮気相手だと勘違いし、車を降りて二人の元へ歩き出し、レイを殴ってしまう。グオは予想外の展開に慌ててしまう。
#9 「普通の恋愛修行!」 放送時間:本編46分
気を紛らわすためにした女性とのデートを終え、誰一人居なくなった家に戻ったユーピンは、何か物足りなさを感じていた。ずっとグオの存在が頭を離れないのだ。グオはドオから命令されているユーピンのガールフレンドへのプレゼント配達のアルバイトの最中、交通違反で減点されてしまい、1200元の罰金まで払う羽目になる。グオはユーピンから電話を受け、掃除機を直して欲しいと頼まれ自宅に行く。ユーピンは素朴なグオを見ていて気分が落ち着くのを感じた。
#10 「父との再会」 放送時間:本編46分
クージョンは、ある家のデザインの方向性を巡ってクライントと対立し、依頼を断ってしまう。クージョンのデザインを断った女性は、前金の返却を求めて電話をして来た。グオはその役目を引き受け女性宅に向かう。門の前に女性が立っていたが、ちょうドオその時、風水の易者という人物が到着する。易者は女性に様々な風水のお告げをするが、どうも怪しい。グオは、ガス欠で停車して困っていた先ほどの易者にガソリンの手配をして助ける。車が去ると、グオは財布の落とし物に気がつく。中を確かめると自分の幼少時代の写真が入っていた。
#11 「父はトラブルメーカー」 放送時間:本編46分
ホィファンはユーピンとの別れを拒む。しかしユーピンの意思は固く、一緒に乗っていたエレベーターに彼女を残して去ってゆく。ホテルのロビーに出ると揉め事が起きていた。そこにはグオとドオ、そして見知らぬ中年男がおり、ドオが男に襲いかかっていた。やがて男が姉妹の父と知り、ユーピンは仲介を申し出る。父親のボートンは、ヤン姉妹の家に行き、姉妹の辿った苦難の事情を知り愕然とする。ボートンは姉妹に余生を捧げると言い新しい家への引越しを提案する。現金なドオはヨーロッパ風が良いと言い出し、契約書を作ってボートンにサインを求める。
#12 「見せないやさしさ」 放送時間:本編46分
グオはボートンの借金の件でユーピンに助けを乞うが、グオが苦労するのが目に見えていたのでユーピンはクビを縦に振らない。期待を裏切られた思いでユーピン宅を後にするグオ。クージョンの事務所に到着すると、被害者がボートンを告訴したと告げられる。急いでユーピンの事務所に駆け戻るグオ。被害者からは、至急借金を返済しない限り告訴に踏み切ると啖呵を切られる。
#13 「杭州の出来事」 放送時間:本編46分
クージョンはホィファンの撮影現場を訪ねるが、暗い顔をしていたホィファンは楽屋で倒れてしまう。病院に付き添ったクージョンは、大学時代、ホィファンに失恋した苦い夏の日を思い出していた。ホィファンはユーピンに片思いだった。クージョンはホィファンが好きだったが、ホィファンの本心がユーピンにある事を知り、意に反して彼女の恋のキューピットを買って出たのだった。そして今も同じような事をしている自分に本音では苛立っていた。
#14 「ふたつの恋人宣言」 放送時間:本編46分
ユーピンは抗州に到着すると、クージョンの実家に立ち寄る。そしてクージョンの母親から“息子がグオと交際すると宣言した”と聞き心が乱れる。一方で、母親の勧めるソフィとの関係を進めないためにもグオと恋人同士でいる必要があるクージョンも、グオから“自分は当て馬になっているのではないか”と指摘され心が揺らぐ。しかし、後戻り出来ないと考え嘘を突き通す。クージョンはホィファンの撮影現場に出向き、グオへの告白の事実を伝え、ホィファンの心が多少安らぐ。クージョンはグオに自分の気持ちを伝えるが、何故かグオは心トキめかない想いに駆られていた。クージョンもまた偽りの愛を告げたグオに心の底で謝罪をしていた。
#15 「パーティーでのハプニング」 放送時間:本編46分
ユーピンは自分をみにくいアヒルの子と言うグオに、自分が魅力的な女性だと気付くように言う。グオからそんなに魅力的なら何故自分を好きにならないのか?と問われユーピンは、告白をしようと頭に過ぎるが、クージョンを思い出し躊躇する。翌日グオたちは小旅行に出る。雷峰塔の見える湖に来た時、ホィファンが登場しユーピンの表情が曇る。ホィファンが登場はクージョンの仕業だった。しかしユーピンはホィファンと既に別れている事にこだわりホィファンの顔を見ようとしない。
#16 「母の苦悩」 放送時間:本編46分
ユーピンはボートンと会い、詐欺の被害金を分割で支払うという約束を取り付ける。ユーピンは、ボートンが今後の人生をかけて償いたいと考えていることを伝える。ユーピンは自宅に戻るとクージョンに電話をかけるが、訪問者によって中断を余儀なくされる。訪問者はボートンで、船員として働くため別れを告げに来たという。
ユーピンは、深夜自宅に戻るとホィファンが部屋の中に居たため驚く。ホィファンはユーピンとのヨリを戻すため仕事を休むと宣言し、ユーピンは困り果てる。
#17 「眠れぬ一夜」 放送時間:本編46分
グオはカフェで、クージョンの母親の心根を聞く。そしてグオは犬の散歩の体験談を持ち出して、愛情を持って相手を尊重すればきっと分かり合えると話す。クージョンの母親はそれを聞いて心に響く何かを感じた。グオの言葉を噛みしめ考え方を変えるようになる。ユーピンはドオにボートンが航海に出るから最後の別れをするようにと港へ連れ出す。しかし船は見当たらず、ドオはボートンとの別れを惜しむ。
#18 「ユーピンの本気」 放送時間:本編46分
朝食は気まずい雰囲気の中で進んだ。朝食後、クージョンとグオは昨夜お互いがどのような時間を過ごしたかについては言及しなかった。ユーピンはホィファンが自分たちのことをクージョンに相談することが我慢ならずホィファンをなじる。ホィファンもユーピンがグオを自宅に泊めた事を責めるが、ユーピンはキチンとした理由があったと反論する。
#19 「いざこざの整理屋」 放送時間:本編46分
クージョンはグオが自分のために披露してくれた手品を見て、彼女の純粋さを改めて確認する。そしてグオをその日の夜行われるアイスホッケーの試合に誘う。グオは喜ぶがルールを全く知らないため、ユーピンに連絡して助けを乞う。ユーピンは部下に命じてアイスホッケーのルールの情報を集めるように指示する。そんな折、ユーピンの事務所に若い男が訪問してくる。ドオは冷たい対応をするが、実は新しく入社するため香港から来た新人弁護士リャン・ツーハオだった。
#20 「一方通行の心」 放送時間:本編46分
グオは泣きながらユーピンに電話をし、ユーピンの人脈でタシャンの行方不明の捜索に警察を動員出来るように協力して欲しいと伝える。ユーピンは現場にかけつけグオを慰める。やがて警察からタシャンが発見されたという連絡が入る。現場にはクージョンもかけつけた。彼はグオを無視するようにタシャンと帰ろうとするが、ユーピンはクージョンにグオが傷ついていることを忘れるなとクギを刺す。しかしクージョンは怒りに満ちた目でユーピンを見返す。
#21 「平行線の運命」 放送時間:本編46分
グオの自宅にクージョンがやってくるが、ボートンの態度は冷たい。しかしドオに事務所の新人弁護士が好意を持っていると知ると娘の将来に展望を見出し期待に胸を膨らませる。クージョンの事務所にホィファンがやってくる。ユーピンとの食事のセッティングが嬉しかった。グオはホィファンのメッセージとクッキーをユーピンに届けるがユーピンは無視をする。グオはユーピンの自宅に押しかけ何とかユーピンとコミュニケーションを図ろうとするが、ユーピンは二度と自分に近づくなと怒りに任せて言い放ってしまう。
#22 「偽りの恋」 放送時間:本編46分
グオは新人弁護士のリャン・ツーハオが姉のドオに恋心を寄せていることを知り、ボートンとなんとかしようと話しあう。その時イェンリンから泣きながら電話が入る。自分の彼氏が二股をかけているというのだ。イェンリンはグオを連れて愛の印に彼と入れたタトゥーを消しに病院に行く。ユーティンとユーフェイが休みの合間を縫って台湾に遊びに来た。久しぶりにユーピンの自宅で手料理をふるまうグオ。しかしホィファンも居る食卓の雰囲気はドオことなくぎこちない。
#23 「見つかった魔法の玉」 放送時間:本編46分
ツーハオはドオを連れ出すのに成功するが、食事はコンビニ弁当だと言われる。ユーピンはグオの失踪に心を痛めながら、これまでグオに自分の本心を伝えなかった事を後悔していた。自宅に戻るとホィファンがいたが、彼女の計略を知っていたユーピンは、ホィファンに自分の前から消えるように言い放つ。ホィファンは後悔してユーピンに謝るが、時既に遅かった。翌朝ユーピンはグオの自宅に行くがグオは昨夜から戻っていなかった。ボートンが「魔法の玉」の話を持ち出した時、ユーピンはピンと来て以前拉致された現場へ向かう。
#24 「僕にチャンスを!」 放送時間:本編47分
ユーピンとグオがドライブから自宅に戻るとクージョンが待っていた。クージョンはグオと別れる前に話がしたいと近づいて来るが、ユーピンは彼を殴り倒してしまう。グオはその場を取り成しクージョンと話をする。2人は色々な想い出を語り、そして握手をして別れた。翌日になってもクージョンは失ったモノの大きさを実感していた。その時グオはイェンリンと事務所に私物取りに来た。クージョンはグオにもう一度チャンスをくれるように頼みグオの心は激しく揺れたが気の強いイェンリンはグオを連れ去ってしまう。
#25 「恋って不思議」 放送時間:本編46分
ユーピンとグオは子供たちを空港に送った。立ち去る直前、ユーフェイはグオの耳元である事を囁いた。イェンリンから臨時バイトの情報が来たためグオは出かけていった。そのバイト先にいると、イェンリンが別れた彼氏がヨリを戻して欲しいと懇願しに来た。イェンリンは怒りながらも彼を許す。ユーピンはグオをスーパーで開催されていた買い物ゲーム大会に誘う。グオ・チームは抽選で出場資格を得て見事優勝。しかしこのゲームはグオを元気つけるために、ユーピンがスーパーの店長に頼み込んで仕込んだものだった。
#26 「偽の婚約者」 放送時間:本編46分
グオは姉からクージョンの実家の破産を知らされる。ユーピンの看病に行くつもりだったグオはクージョンの会社に向かう。会社にはクージョンの母親もおり、再会を喜ぶ。事情を知らないクージョンの母親は、グオと息子の婚約を早期に行なおうとするが、二人は困惑した表情で見つめ合う。グオはボートンに事情を話し、クージョンの母親との食事会に参加するように頼む。ドオもクージョンからの借金で助けられたボートンにはその位の貸しがあると主張し約束を取り付ける。
#27 「本物の恋人」 放送時間:本編47分
グオはユーピンのストーカー的な態度に怒りを隠さなかった。ユーピンはあれこれと不満を言い始めたグオの口を塞ぐようにキスをする。二人は初めて愛を確かめ合った。ドオはツーハオを自宅に招き夕食を共にする。ツーハオはドオが大切にしている本の存在から失恋したばかりだという事を感じ、自分も半年前に失恋したという話をする。ツーハオは二人で乗り切ろうと優しく語りかけた。翌朝、ユーピンとツーハオは揃ってヤン家に朝食を届けにやってきた。ひとしきり食事をした後、グオは姉から早く仕事をみつけなさいと言われ、就活を開始しようとする。
#28 「愛に必要な時間」 放送時間:本編47分
ドオは大切にしていたインテリアの本をグオに渡してしまう。ツーハオは、ドオとどののような接点を持って付き合えば良いのか分からなくなりグオに相談する。グオはクージョンに頼んでドオの好きなインテリアの知識をツーハオに教えて欲しいと頼む。グオが持ってきた本をクージョンに手渡すと遠い昔、自分が無くした本だと気がつく。しかしグオは子供の頃から姉が持っていた本だと言う。その時ドオたちは、ユーピンの事務所のスタッフから声をかけられる。
スカパー!

番組表カレンダー

蜑埼ア 17 18 19 20 21 22 23
莉企ア 24 25 26 27 28 29 30
谺。騾ア 01 02 03 04 05 06 07
camelbrown